一般社団法人 通販エキスパート協会

会員専用

新着情報

2017.08.30

通販市場 前年比 6.6%増 ネット通販が拡大をけん引 (JADMA調べ)

公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)は、8月28日、 2016 年度(2016年4月~2017年3月)における通信販売市場の売上高 について、2016年度の通販の売上高について、前年比6.6%増の6兆9,400 億円となり、 金額ベースで、前年に比べ4,300億円増加したと調査結果を速報値としてまとめた。 それによると、2016年度の通販の売上高は、前年比 6.6%増の6兆9,400億円となり、 金額ベースでは、前年に比べ4,300 億円増加。 マイナス成長を記録した1998年度以来、18年連続して増加傾向が続いており、 直近10年の平均成長率は 6.6%となっている。 通販市場の傾向として、アパレル通販や BtoB 通販が堅調であること、 プラットフォーム系を含む通販支援サービスの充実等が挙げられる。 同調査は、JADMA会員460社(調査時点)を対象に実施した「第 35 回通信販売企業実態調査」 から得た回答の売上部分を先行集計した結果および各種調査から推計できる有力非会員285社の 売上を加えて算出している。