一般社団法人 通販エキスパート協会

会員専用

新着情報

2018.06.23

国内企業におけるインフルエンサー・マーケティングの活用状況

 

株式会社サイバーエージェントは、国内の広告主企業を対象にマーケティング活動におけるインフルエンサーの活用状況に関するアンケート調査を行い、調査企業のうち56%がインフルエンサーをマーケティングに活用していることが明らかになったことを公表した。

 

同社では、この調査結果を受け、インフルエンサー・マーケティング領域の事業強化を目的とした専門組織を設立したことを併せて発表した。

 

調査結果

【1】企業のインフルエンサー・マーケティング取り組み状況

インフルエンサーを活用した広告マーケティング活動を実施したことがあると回答したマーケターは

56%で、半数以上の広告主企業がWebやSNSで大きな影響力を持つインフルエンサーを活用したマー

ケティング施策に取り組んでいることが明らかとなった。

 

 

【2】インフルエンサー施策を行う際に活用しているメディア(複数回答)

「Instagram」が64%と最も高く、次いで「YouTube」(45%)、「Facebook」(41%)とういう

結果となった。

 

 

【3】インフルエンサー・マーケティングの目的(複数回答)

「拡散・話題性の創出」の回答が最も多く69%、次いで、「ブランディング・認知拡大」で66%、

「サービスや商品への理解を高める」で52%であった。

直接的な購入やリーチではなく、ターゲットユーザーへのアプローチや理解促進・欲求喚起を目的と

して、インフルエンサー施策に取り組んでいる企業が大多数という結果となった。

 

 

【4】インフルエンサー・マーケティング実施時に起用するインフルエンサーのSNSフォロー数(複数回答)

起用するインフルエンサーのSNSフォロワー数については、「マイクロインフルエンサー」と呼ばれ

る「フォロワー数1万~10万人」と回答したマーケターが最も多く42%。

また、リーチよりもブランディングや欲求喚起を目的とする企業が多いため、高い専門性と良質な

フォロワーを抱え、ファンから高い支持を集めるマイクロインフルエンサーを起用するケースが増え

ていると考えられる。

 

 

【5】インフルエンサー・マーケティングの課題(複数回答)

課題としてもっとも多く挙げられたのは、「最適なインフルエンサーの選び方がわからない」で

42%。次いで、「効果がわかりづらい(38%)」「効果計測ができない(23%)」となった。

インフルエンサー・マーケティング市場のさらなる成長に向けて、今後マーケターによるキャスティ

ングのマッチング精度向上や効果測定ソリューションの導入ニーズが高まることが予想される。

 

 

■ 調査概要

調査主体:株式会社サイバーエージェント

調査時期:2018年5月~6月

調査方法:Webアンケート調査

調査対象:インターネットメディアに関連した広告・マーケティングに関わりのある広告主企業の

マーケター(N=115)

調査機関:株式会社デジタルインファクト