一般社団法人 通販エキスパート協会

セミナーを受講するセミナー詳細

締切

先行事例から学ぶ〜通販DXのはじめの一歩「顧客データ統合」
顧客データに基づく体験再設計と組織間連携の勘所

セミナー詳細

 

来る、2022年3月17日(木)、14時よりオンラインセミナーを開催します。

 

今回は“通販DXのはじめの一歩「顧客データ統合」”をテーマに、通販EX検定1級、カスタマー・セントリシティ、データドリブン・マーケティングの合格者レベルの知識がある方を主な視聴者層に想定し、上級者の方々向けの「実践」にこだわった内容でお届けします。

 

通販業界で「顧客データ統合」と聞くと「そんなことはとっくに出来ている」とお答えになる方も多いと思います。しかし、システム的な統合ができていても、商品企画、カタログ制作、オンライストア運営、フルフィル部門など、顧客体験を生み出す各部門の関係者全員が、その統合されたデータを使いこなしていると言えるでしょうか?

 

DXはDだけでなくXこそ重要だと言われるのもこの点と大いに関係していそうです。

 

当日は二部構成となっており、第一部は通販各社の事例解説を中心に、視聴者が自社で実践する際の勘所をお話します。第二部は通販、メーカー、小売りのデジタル領域で多くの経験をしてきた実務家ゲストをお招きして、顧客データから新たな顧客体験を作るヒントをお話し頂きます。

 

また、セミナーがその場限りのものにならないように、現状分析/課題整理/実行計画を可視化する「通販DXアクションプランシート」を進呈します。セミナーの最後に、まとめも兼ねてシートの活用方法についても解説しますので、どうぞ最後までご視聴下さい。

 

<セミナー概要>

日時    :2022年3月17日(木)  14時〜17時

※録画配信あり。3/23まで視聴できます。→4月4日まで延長しました!

 

参加方法  :Zoom

参加費   :6,000円(税込)

参加者特典:通販DXアクションプランシート(ガイド付き・Excelデータにて)

 

お申込みは締め切りました

 

 

<登壇予定者(敬称略)>

大西 理   オムニチャネルエバンジェリスト/OMOデザイナー

岩井 信也 当協会理事

 

<対象>

・通販DXのための課題整理を行いたいと考えている方

・CRM、MA、CDPなどのツール導入や刷新を考えている方

・オムニチャネル、OMO施策を他チャネル事業部も巻き込んで推進したい方

・とにかく他社の先行事例を多く知り、自社の参考にしたい方

 

*今回は理論的背景の説明は最小限にし、実践面に特化した内容となります。

通販エキスパート検定1級あるいはカスタマー・セントリシティ、データドリブン・マーケティング合格者レベルの知識があることを前提にお話しします。

 

<内容>

14:00〜14:15 はじめに 「通販DXの始め方」

~課題整理の3つの視点「顧客データ」「体験設計」「組織間連携」

DXのDはデジタルですが、「データ」「ダイレクト」も重要なDです。

これら3つのDが新たな顧客体験を生み、その実運用に際しては組織関連携も重要なポイントとなります。ここでつまづく企業も多いため、はじめに解説いたします。

 

・通販DXの視点で見た「顧客データ統合」のチェックポイント

「体験設計」「組織間連携」と関連付け最初に提示して解説

 

 

14:15〜15:15 第一部 「顧客データ統合」を起点とする通販DX事例紹介

近年各種メディアに登場した先進的な通販企業の取組み事例を、通販DXの3つのステップと関連付けて分類。IR情報も参照しながら、自社で実践する際のポイントを解説。

 

Step 1     顧客データの統合と分析〜成長ステージに応じたデータ活用の実践事例

Step 2     顧客体験の再設計〜LTV最大化を目指したチャネル統合体験の実践事例

Step 3     組織間連携の仕組みづくり〜縦割り組織の壁を「溶かす」取組みの実践事例

 

事例としてだけでなく、競合分析のための公開情報の活用方法についてもお話します。DX戦略策定時のお役に立てば幸いです。

 

15:15〜15:30 (休憩)

 

15:30〜16:30 第二部 

ゲスト講演 大西 理氏(オムニチャネルエバンジェリスト/OMOデザイナー)

「通販EC企業が目指すべきデータドリブンな真・顧客体験とは」

企業と顧客がダイレクトにつながり、そのつながりが新たな体験価値を生むと言われる時代にどのようなデータ活用が必要なのか、通販、メーカー、小売りのデジタル領域を経験してきた立場から新たな顧客体験を作るヒントをお話します。

 

 <主なテーマ>

1)昨今のマーケティングの潮流である「顧客体験価値」について
・体験価値を重視する上でデジタルが欠かせない理由と顧客理解のポイント
 
2)顧客セグメントごとに何がブランドにとって大切なのか、アプローチしやすいのか
・効果的なセグメンテーションと自社で実践する際のポイント
 
3)ファネルごとにどういう顧客体験を設計すればよいのか
・新規顧客の獲得〜優良顧客化までのプロセスのモデル化と自社で設計する際のポイント
 
4)アクションプランと各施策の効果指標
・測れないものは管理できない。効果指標によるマネジメントと、自社で実践する際のポイント
 
5)体験価値重視の場合、そのCRMは邪魔者になってませんか?
・マーケや各チャネルと、CRM部門の協働方法と自社における課題整理のポイント
 
以上を踏まえて、理想の[妄想]顧客体験ストーリーをお伝えします。

 

16:30〜17:00 おわりに 「通販DXアクションプランシート」の活用方法

セミナーの最後に、通販DXための現状分析/課題整理/実行計画を可視化する「通販DXアクションプランシート」の活用方法について解説します。

通常、こういったシートは改変できないようにPDFで提供されるのが常ですが、エクセルのまま提供するので皆さんの活用方法に合わせてカスタマイズできます。

 

○通販DXアクションプランシートのイメージ(実際のものとは一部内容が異なります。)

 

お申込みは締め切りました

 

<講師紹介>

大西 理 氏:カタログ通販セシール/デザインフィル(文房具)/新日本製薬(化粧品・健康食品通販)/ヌーヴ・エイ(ファッション雑貨小売)/オンワード樫山、株式会社グラニフ(アパレル)で、EC黎明期からデジタルマーケティングをけん引。日本オムニチャネル協会フェロー。
岩井 信也 氏:資格試験予備校の企業研修部門/デジタル教材制作会社/大手通販会社で、人財開発、マーケティング、情報システムなどの分野を横断的に経験。現在は当協会での活動の傍ら、(株)日本能率協会マネジメントセンターのパートナー・コンサルタントとして、大手企業から地方自治体まで幅広くマーケティング進化や組織変革の支援を行う。

 

 

 

講師詳細

・大西 理 氏/オムニチャネルエバンジェリスト/OMOデザイナー(第二部に登壇)
・岩井 信也 氏/通販エキスパート協会理事(第二部以外の各パートを担当)
プロフィール

大西 理 氏:カタログ通販セシール/デザインフィル(文房具)/新日本製薬(化粧品・健康食品通販)/ヌーヴ・エイ(ファッション雑貨小売)/オンワード樫山、株式会社グラニフ(アパレル)で、EC黎明期からデジタルマーケティングをけん引。日本オムニチャネル協会フェロー。

岩井 信也 氏:資格試験予備校の企業研修部門/デジタル教材制作会社/大手通販会社で、人財開発、マーケティング、情報システムなどの分野を横断的に経験。現在は当協会での活動の傍ら、(株)日本能率協会マネジメントセンターのパートナー・コンサルタントとして、大手企業から地方自治体まで幅広くマーケティング進化や組織変革の支援を行う。


開催概要

開催日時2022年3月17日(木) 14時~17時
場所Zoomウェビナー ※録画配信あり
受講料6,000円(税込)
申込締切3月16日(水)

たくさんのご参加受付ありがとうございました。受付は締め切りました。