一般社団法人 通販エキスパート協会

会員専用

新着情報

2018.06.21

農畜産物のECモール「JAタウン」事業拡大に向けecbeingと業務提携

 

JA全農は、株式会社ふるさとサポートに対し、平成30年3月末に出資し、本会が運営する国産農畜産物

販売オンラインショップ「JAタウン」の業務全般を委託するとともに、6月8日同社の社名を「全農

ECソリューションズ株式会社」に変更したことを発表した。

 

株式会社ふるさとサポートは、ECソフトウェア販売最大手の株式会社ecbeingの100%子会社で、JA

全農は、2018年3月末に出資を行い、発行済株式の49%を取得。

今後、「JAタウン」のシステム構築・運用管理を委託するとともに、株式会社ecbeingとの連携を強化

し、「JAタウン」の事業拡大をはかるとしている。

 

「JAタウン」は、JA全農が運営するネットショッピングモールで、「もっと近くに美味しいニッポン」

をテーマに、全国の農協(JA)・生産者などが、各産地で育まれた農畜産物や特産品を、インターネッ

トを通じて消費者のみなさまに直接お届けすることを目的に、平成13年10月開設。

会員数は、約36万人で、出店数は98店舗(平成30年6月現在)