一般社団法人 通販エキスパート協会

会員専用

新着情報

2018.05.15

AIを活用した選書サービス「SeleBoo」を日版と富士通共同開発

5月14、日本出版販売株式会社(以下、日販)と富士通株式会社は、書店の客層や売り場のコンセプトなどに合わせてAI(人工知能)が 自動で本を選ぶサービス「SeleBoo」(セレブー)を共同開発し、2018年夏から日販の取引書店向けに提供すると発表した。

 

<「SeleBoo」の構成イメージ>

 

「SeleBoo」は「Select Book」の略で、国内で流通する約60万点の書籍から、売り場のテーマや書店の客層に合わせた書籍リストを 富士通のAIを活用したビッグデータ分析により導き出す業界初のAI選書サービス。日販は、そのリストをもとに、全国の取引書店に書籍を提案し、書店の店頭フェアやイベントでの選書に活用いただくことで、魅力ある店舗づくりを支援する。

 

今後、日販と富士通は、本サービスを通じて、出版業界における市場の活性化を図るとともに、カフェや雑貨など、 他業界の商品やサービスと書籍とのマッチングによる、新たなビジネスモデルの確立も目指して行く。

 

■「SeleBoo」のサービス概要
日販が持つ約350万点の書誌情報や全国約3,000書店の販売実績情報などに加え、DBpedia(注1)やLod4all(注2)などのオープンデータを 富士通のAIを活用したビッグデータ分析サービスであるマーケティングAIコンテナ(注3)で分析し、書店や小売店向けにテーマや客層に合った本を 選定しリスト化する。また、選書結果に対する評価を書店員がフィードバックすることで、AIが書店員の知識や感性を機械学習し、選書能力を高めて行く。 まずは、テーマで選ぶ「キーワード選書」、指定した本と似た本を選ぶ「キーブック選書」、その地域に関する本を選ぶ「地名選書」の 機能を提供し、その後、書店の特徴に合った本を選ぶ「書店カラー選書」、画像イメージから選ぶ「表紙選書」などを開発し、 さらなるサービス強化を図る。

 

注1 DBpedia:Wikipediaから情報を抽出してLinked Open Dataとして公開するコミュニティサイト。

注2 Lod4all:世界中で公開されているLinked Open Dataを収集して一括検索することを可能にするLOD

   の活用基盤。

注3 マーケティングAIコンテナ:個社ごとのデータ活用の目的に応じて富士通が実施した200以上の分

   析プロジェクトを もとに開発した高度分析ロジックをそのまま実行できる分析環境。お客様の

    ニーズに合わせ柔軟な形態で分析環境の提供が可能。

注4 日販懇話会:日販の経営計画や施策などについて理解を深めていただき、取引書店・出版社と強い

   パートナーシップを築くことを 目的に毎年開催している会。

注5 富士通フォーラム2018:富士通が国内で主催する最大イベント。今年のテーマは、「Human

   Centric Innovation : Co-creation for Success」 。 東京国際フォーラム(東京都千代田区)にて

   開催。