一般社団法人 通販エキスパート協会

会員専用

新着情報

2018.05.15

LINE 無料名刺管理アプリ「myBridge(マイブリッジ)」提供を開始

LINE株式会社は、5月14日 名刺管理アプリ「myBridge」(マイブリッジ、iOS/Android)の提供を開始した。 スマートフォンのカメラで名刺を撮影し、文字認識技術(OCR)とオペレーターによる手入力でデータ化が可能。 メッセージアプリ「LINE」のトークやメールで、他のユーザーと共有できるのが特徴。

 

「myBridge」は、「名刺は、わたしの力になる」をコンセプトに、ビジネスにおいて切り離すことのできない名刺管理という課題をこれまでの名刺管理とは 異なり、働く人すべての人が自分のための名刺管理として活用できる、簡単でシンプルな機能性を追求した無料名刺管理アプリ。

 

名刺情報の登録は、スマートフォンのカメラで名刺を撮影すると文字認識技術(OCR)とオペレーターによる手入力により、正確なデータ化が可能です。1日あたりに入力できる名刺の枚数や入力項目に上限はなく、名刺の共有が必要なときは、「LINE」のトークやメールで登録した名刺を共有することが可能。*1
*1:現在、「LINE」トークで名刺情報を共有する際はテキストのみの情報となる。
「LINE」トークでテキストと名刺画像を共有する際は、『名刺をシェア』→『もっと見る』→「LINE」アイコン選択にて可能。

 

 

また、ユーザー同士がSNSのようにつながることがなく、「myBridge」に名刺を登録していれば、
スマートフォンに連絡先を登録していない相手でも、着信時に相手の名刺情報が表示される。
さらに、登録した名刺情報を、スマートフォンやGoogleの連絡帳に保存することができ、Excelファイルのダウンロードも可能。

 

■「myBridge」の特徴
撮影するだけで名刺情報を正確にデータ化

文字認識技術(OCR)とオペレーターによる手入力により名刺情報の正確なデータ化が可能。

全ての機能が無料

1日あたり入力できる名刺の枚数や入力項目に上限はなく、すべての名刺管理機能が無料。

いつでもどこでも簡単に名刺情報の検索が可能

名前・会社名・部署・役職などのキーワードで、必要な時に名刺情報をすばやく簡単に検索できる。

他の連絡帳サービスへの保存・Excelファイルのダウンロードが可能

登録した名刺情報をスマートフォンやGoogleの連絡帳に保存でき、Excelファイルに一括してダウンロードができる。

暗号化された個人情報とセキュリティ対策

オペレーターによる手入力の際、誰が名刺をアップロードしたのか分からない状態、かつ、項目別

に分割して名刺情報を入力。そのため、誰が誰の名刺を登録しているのか知られることはない。
また、データを暗号化された状態で保存するなどのセキュリティ対策を実施。

 

※現在、「LINE」トークで名刺情報を共有する際はテキストのみの情報となる。
「LINE」トークでテキストと名刺画像を共有する際は、『名刺をシェア』→『もっと見る』→「LINE」アイコン選択にて可能。

※記載されている内容は、2018年5月14日現在のものです。

その後予告なしに変更されることがあります。